閉域網・オンプレミス

OS3.5.0以降

閉域網など、obnizのデバイスをクラウドに繋げられない環境で利用するのがローカルコネクトモードです。

クラウド無しでの利用

JavaScriptなどでobnizデバイスを利用したいが、インターネットに出られないという環境でobnizを使う方法はこのローカルコネクトモードとなります。

obnizOSにはクラウドにつなぎつつローカルネットワークからのコマンドを受け取るローカルコネクトという機能がありますが、その機能だけを利用する動作モードがローカルコネクトモードです。

クラウドに係る機能を除き、obniz.jsの機能(IOやBLEの操作)が利用できます。

// Javascript Full Example

var obniz = new Obniz("192.168.0.100");
obniz.onconnect = async function() {
  console.log(`Connected to obniz device`);
}

動作条件

利用には以下の条件が必要です

対象 条件
対応ネットワーク Wi-Fi, Ethernet, (Wi-Fi MESHはOS3.5.0では未対応です)
ネットワーク設定 固定IPまたはDHCPサーバーでのIP固定が必要です
TCP デバイスの80番ポートにアクセスできる必要があります
TLS クラウドとの通信と異なり非暗号化通信となります
SDK obnizIDではなく、obniz.jsでのデバイスのIPv4アドレス指定が必要です。

その他にクラウドがない事によるいくつかの制約があります

  • クラウド上ではオンラインかどうか確認できません。またローカルアクセスをクラウドから解除することはできません。
  • 同一ネットワーク(そのデバイスにIPv4でTCP通信が可能な範囲)上でobniz.jsを利用したプログラムを動作させる必要があります。
  • OTAも同一ネットワークから行う必要があります。

利用方法

お問合せフォームよりご連絡ください。