This website is available for multi language.

JavaScriptで動かそう
obniz Starter Kit

obniz Boardと、挿すだけで使える
基本的な8つのパーツをセットにしました。

制作例を見る

8個のパーツ+obniz Boardが入っています

直接挿すだけ、すぐにはじめられる

obniz BoardをWi-Fiにつなげば、準備完了。好きなパーツを直接挿して、プログラムから動かそう! PCやスマホ/タブレットで、オンラインエディタを使ってプログラミング、即実行。

Starter Kitのはじめ方

直接挿すだけ、すぐにはじめられる

HTML/JavaScriptでプログラム

JavaScriptでプログラミングできるので、ブラウザ上で動くUI 、APIを使うSNS連携はもちろん、 顔認識や音声認識といった AI×ハードウエアもかんたんに。

Starter KItのガイドへ

<script>
var obniz = new Obniz(“OBNIZ_ID_HERE”);
obniz.onconnect = async function () {
  var led = obniz.wired(“LED”, {anode:0, cathode:1});
  led.on();
}
</script>

SNSやWebサービスとの連携も
たった1つのプログラムで完結

ツイートされたらLEDを光らせる、センサーの値をグラフ化する、画像解析やディープラーニングなど最新のAI機能も、obnizなら1つのプログラムで実現。

Starter KItの制作例をみる

SNSやWebサービスとかんたんに連携

コンパクトでパワフルな入門基板 obniz Board

コンパクトでパワフルな入門基板 obniz Board

obniz Board(オブナイスボード)とは

obniz Boardは、クラウドベースのIoT開発ボードです。
回路やネットワークの知識がなくても、すぐにインターネットにつながるプロジェクトを始めることができます。 電子部品とSNSの連携、センサーデータのグラフ化、リモートコントロールなど、クラウド経由でかんたんに。

obniz Boardについて

すぐに始められる

obniz BoardでWi-Fi設定するだけで、すぐにスタート。複雑な配線や開発環境の構築はほぼ不要です。

パワフルで高機能

12個あるIOは、全て最大1A流せる上、モータドライバーを搭載。5V/3Vの切り替えやプルアップダウンもIOごとに変更可能。

クラウド機能が
無料で使える

オンラインエディタやサーバレス機能、専用リポジトリ、デバイス管理機能など、クラウド機能が無料で使えます。

Starter Kitの同梱物
内容物
  • LEDマトリックス
  • LED信号
  • サーボモーター
  • ブザー
  • ボタン
  • 温度センサー
  • 人感センサー
  • 距離センサー
  • obniz Board
  • Micro USB ケーブル

ご準備ください

  • モバイルバッテリー、PC などの電源
  • スマートフォンまたはPC
  • Wi-Fi